読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの鍵は?

人生を幸せにする鍵となるものとは何でしょうか。名声や富…そう考える人が大勢います。しかし、ハーバード大学の心理学者、ロバート・ウオールディンガー氏によると、それは間違っているそうです。

 

昨年、彼は「TEDトーク」を通じて、75年かけて研究した幸せになる方法を発表しました。724人の男性を追跡調査し、仕事、家庭生活、健康などを記録したそうです。ハーバード大学を卒業した人たち、あるいは極貧環境で育った人たち、と違った背景の人々を追跡調査したわけです。結果、人を健康で幸福にするのは、「良い人間関係」に尽きるということが分かったのです。

 

すなわち、愛し愛される関係の中にいるということですね。心理学者も声をそろえて、人間には「愛されたい、また、受け入れられたい」という根源的ニーズがあると言っています。ですから、親子や夫婦、職場の同僚関係など、様々な人間関係において信頼し合える良い関係を築くこと、これが幸せに至る最も大切な鍵の一つといって良いでしょう。

 

そして、お互いに本当に愛し合うためには、愛の源でおられる神様の愛をまず受け入れて、たっぷり自分が愛されているという経験をする必要があります。誰がなんと言おうと、こんな自分をありのまま受け入れて下さり、愛してくださる方が神様なのです。あなたがクリスチャンであろうとなかろうと、神はあなたのことを愛しておられます。

 

そして聖書には、「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛した」と書いてあります。

 

神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。(Ⅰヨハネ4:9〜10)

 

まず、ゴスペルを通じて、神の愛を知り、その愛をもってお互いに愛し合うという愛のトレーニングをしてみませんか。